【内装解体と原状回復の関係とは】


賃貸の建物、特に内装を大幅に改装する事が多い店舗物件やオフィスなどの場合、退去する際に行わなきゃいけないのが「原状回復」です。

原状回復とは、借りていた物件・部屋の内装などを借り受ける前の状態まで綺麗に戻すということです原状回復の基本的な工事内容は次の入居者が設備機器や内装などを新しく設置できるように給排水管や床や壁などの内装材や配線などの設置物や、内部にある不要物などの荷物を全て撤去し、コンクリート打ちっぱなしのすっきり綺麗な状態まで戻す、スケルトン工事と呼ばれる工事が行われます。

内装部の殆ど全てを取り払う工事を行うので、借り受けていたものを返却する際に使用されるばかりでなく、例えば、今まで使っていた自分の店舗物件を引き払うので他社に賃貸物件として紹介したい、遠方に住まなくてはならなくなったので、元の自宅がもったいないから内装を綺麗に整えて他者に貸しておきたい、などそういった賃貸物件を作る際に行う工事としてもよく使われます。

メニュー

内装解体とリフォーム費用

内装解体の流れ

当サイトおすすめ内装解体業者

内装解体工事のことなら東京、埼玉、神奈川、千葉対応のスッキリ計画へ
内装解体工事のことなら東京、埼玉、神奈川、千葉対応のスッキリ計画へ原状回復のための内装解体なら是非スッキリ計画へ内装解体だけに留まらない豊富な工事経験を持つから、そこから由来する手際のよさと丁寧さで内装解体による原状回復工事もばっちりです他社の見積もりを持ち込めば、価格の交渉もスムーズです。

新着情報

Comments are closed.